2017年06月01日

ペガサス 1/72 German Army Trucks

どこにも明記されてませんがメルセデスベンツL3000というトラックです。
箱無し、組説無しのジャンク品を格安で入手。
DSCF2507.JPG

2台セットで1台あたり15パーツ。スナップフィットであっという間に完成します。
モールドはダルダルだけど雰囲気は悪くない。
とりあえず一番の問題はヘッドランプが無いことかな。
権利関係の問題かフロントグリルのベンツマークが省略されているのも悩ましいところ。
DSCF2503.JPG
DSCF2504.JPG

さて素組で完成させるはずもなく。
一体成型のキャビンと荷台は切り離して荷台の内側のモールドは切り飛ばして薄く削る。
荷台のフロント側のパネルはモールドが無いのでリア側のパネルを移植する予定。DSCF2508.JPG

キャビンの背面は肉抜きのへこみを0.5ミリプラ板で埋めてリアウィンドウを開口。
ホイールのトレッドが狭すぎる感じなので車軸を片側でフロント0.5ミリ、リア1ミリ延長。DSCF2509.JPG

乗降ステップの支持部が板になっているので裏側のモールドにそって中をくり抜く。
これは効果が大きいです。
DSCF2506.JPG

0.3ミリプラ板に板目の筋彫りを施したものを荷台の内側に張る。
1台はFLAK38搭載型にするつもりでフラットな荷台にしています。
DSCF2510.JPG
posted by SHOZO at 23:01| Comment(6) | ペガサス 1/72 German Army Trucks | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

またもお手付き

箱なしジャンク品を頂いたもの。
組み立て簡単そうだし気分転換にいいかなと作り始めた。
ハセガワの古いのってプロポーションがダメダメなものが多いんだけど、これはかなりいい部類じゃないですかね。

基本形はいじらず、ディテールアップに注力。
砲塔前端の実車で鋳造部品のところに上下パーツの合わせがきているのでエポキシパテでスムーズに成形する。
防循は横一文字のエッジを伸ばしランナー/パテでピンピンに立ててやるとイメージがよくなる。
他は各所のフックとライトガードを金属等に置き換えるという定番の工作。
P1020360.JPG
P1020359.JPG
P1020362.JPG
P1020361.JPG

M24_1.JPG
M24_2.JPG

コロッとしてかわいい戦車ですね。
あとOVMの自作と足周りの汚しが残ってるんだけどすっかり飽きてしまったのでまた何時になるのやら。

2016年11月06日

国産第一号戦車キター!!

ミニスケ&皇軍ファンの皆様こんばんは。
すでにご承知のことと存じますが、とうとう発売されました〜、IBGモデルの八九式中戦車。(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
DSCF2488.JPG
こんなマイナーな戦車がミニスケで、しかもインジェクションで!
長生きはするもんだなー。

これは絶対逃したくなかったので生まれて初めて模型屋に注文してしまった。
あまりに嬉しすぎて2個買おうかと思ったけど、このシリーズは初期型から最後期型まで計5タイプがラインナップされているので焦る必要はない。
砲塔前面が丸い初期型はレジンも含めて初のモデル化ではないか?

DSCF2489.JPG
箱は大きめながら戦車自体は思ったより小さい。
尾橇を除いた車体は95式軽と同じくらいだった。
モールドはシャープ且つ細密で完成時には素晴らしい密度感になる予感。
IBGのキットを初めて買ったけど部品を見る限りでは非常に高品質そうだ。

DSCF2491.JPG
スライド金型を多用してリベットだらけの車体を少ない部品でうまく再現している。

DSCF2492.JPG
戦車兵が2体付属しているのもうれしい。
型どり複製すれば改造ベースとしても利用価値は高いですよ。

メーカーによれば日本戦車をどんどん出すようなので今後も楽しみだ〜。
早く作りて〜〜。